2006年05月11日

2の文化3の文化

またラジオの英語コーナーからです。

『三人寄れば文殊の知恵』ということわざがありますよね。
英語なら Two heads are better than one.
日本語では3人なのに、英語だと2人になります。
2人で議論するという感覚に対し、仲介役が必要というのが日本の発想なのでしょうか。

こういう2と3の違いは、英語と日本語にはあるらしいです。
具体的な数字の表現以外に、こんな例を挙げていました。

「これ好き?(Do you like this?)」というような質問にたいする答え。
日本語なら
「はい/いいえ/まぁまぁ」
という3つがほぼ同じ率で出てくるんだとか。
一方英語だと、
「Yes/No」が各48%。残りの4%が「So so」という感覚らしいです。

きっぱりと好きか嫌いかを言わずお茶を濁す日本人と、どちらかに集結する欧米人の文化の差なんでしょうか。
言葉って国民性が出ますね。
日本語は特に閉ざされた空間で使われてきた言語なので、より個性的なのかもしれません。
posted by kylin at 05:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

12月の恋

αステーションという京都のラジオ局があります。
通勤時、CDをかけたりもするのですが、朝は特にこの局を聞いていることが多いです。
朝やっているのは「α−MORNING KYOTO」という番組。

低音の渋いDJなのですが、8時半前後に、ワンポイントイングリッシュというコーナーがあります。
相当英語が堪能らしく、発音も綺麗。
ぽんぽんと知識も飛び出してきます。
英訳をしたり、時事問題の英文を説明しながら訳したり、クイズ形式だったり、と色々趣向を凝らしているようです。

昨日の朝は、慣用句の紹介。
色々あったのですが、一つ、印象に残った語があったので、記事にしてみました。

『December love』
直訳すれば『12月の恋』なんですが、日本語にすると『老いらくの恋』。
『12月』が『最後』いうニュアンスをあらわしているそうです。
この日本語の表現も趣きがあって好きなんですが、英語のはもっとせつなげでいいじゃないですか。
有名な言い回しなのかもしれませんが、私としては昨日初めて知り、きっと一生忘れないなぁと思ったのでした。

英語ってあまり歯に衣を着せたような表現って少ないと思っていました。
でも実はそうじゃないのかな?
ツールとしてではなく、言語として、初めて英語に興味を持った瞬間だったかもしれません。
posted by kylin at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

TOEIC特別割引受験

TOEICのテストがリニューアルするようですね。
そのためか、割引で受験できます、というメールが来ました。

通常6,615円のところを6,000円で。
安いんだかなんだかよくわからない、微妙なラインです。
ただ、この対象になっている122回の試験は5月28日。
前回の試験からちょうど半年にあたり、受けてみてもいいかなぁという気になってます。
こうやって受験者が増えるなら、商売上手ですね(笑)

申し込み期日までにはまだ1月半ほどあるので、ちょっと考えてみようと思います。
試験終わってから、一応ちょこっとずつは勉強しているものの、あんまり進んでないしなぁ。。。
posted by kylin at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

第119回TOEIC 結果

ついにきてしまいました。
先日受けたTOEICの結果です。
インターネット申し込みにしたので、発送の一週間前に結果が見れてしまうのです。

今回受けるにあたって、一つ心に決めていたことがあります。
それは、どんなひどい点数でも、公開してしまおうということ。
とても堂々とお見せできるような点ではありませんが、自戒と、ここから伸ばそう!という意味を込めて。
結果です
posted by kylin at 22:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

フルハウス

フルハウス.jpg

日本のドラマすらろくに見ないのですが、ふと立ち寄ったレンタル屋さんで、アメリカのドラマでも見てみようかなーと思いました。
有名どころで『フレンズ』を探していたのですが、残念ながら1stシーズンが貸し出し中。
仕方がないので、隣りにあった『フルハウス』を借りることに。

これ、有名なんですねぇ。
ちっとも知りませんでした。

1本目、30分という短さも手伝って、あっという間に見終わってしまいました。
昨日2本目を借りてきたのですが、気がつくと4話分、ぶっ続けで・・・。
正直、コメディだし同じようなしょーもないことを繰り返してるんだろうと思って、今までなめてました。
実際ベタな笑いが多いんですが、子供の絶妙な間がなんとも言えない。
たまに出てくるミッシェルは可愛いし・・・。

とすっかりはまってしまっています。
今のを返して3本目を借りに行きたいところですが、せっかく1週間レンタルなので、英語字幕なんかにして、ゆっくりと堪能しようと思います。
posted by kylin at 10:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

第119回 TOEIC

受けてきました、TOEIC。
受験会場は京都外語大学だったのですが、京都という場所柄のせいか、ほっとんどが大学生らしき受験生たち。
まるで大学入試の中にでも紛れ込んだような気分でした。
その会場では部屋が2つあったようですが、私の受けた部屋は9割以上の受験率。
情報処理なんかの試験とは、出席率が違いますねぇ。
やはり女の子が多いですが、たまーに髪の薄いおっちゃんもいたりして、嬉しかったです。

2時間ぶっつづけの試験ということで、集中力が持つかが心配だったのですが、正直、気を抜く余裕なんてこれっぽっちもありませんでした。
リスニングは立て続けに流れてくる上に1回しか読み上げないので、聞き逃したらアウト。
前の問題を引きずってもアウト。
わかる問題は、聞き取った文を書けるくらいにわかるのですが、わからない単語が混じってくると途端にイメージができなくなりました。

リスニングが終わると100問のリーディング部門。
噂には聞いていましたが、時間配分難しいですね。
とりあえず最初から解いていくと、最後の文章題で時間がなくなってしまいました。
流し読みで適当に答えを書いてきましたが・・・。
今まで受けたことのある試験って、ほとんどが時間に余裕のあるものばかり。
試験の最後は見直しをして、それでも時間があれば終わった人から退出、というパターンが多かったのです。
そういう点でも、自分の中の常識を覆された試験でした。

じっくり読んで考えて答えを出す受験英語と違って、日本語のように、間違った文を聞いた時点で「ここが変」とわかるような慣れが必要だと感じました。
多読なんかをすれば、こういった慣れも身につくのでしょうか。

まずは自分の位置を知るために、と思って受けたTOEICですが、受けてみるとできない口惜しさがひしひしと沸いてきます。
やる気を再燃させるためにも、ある一定期間ごとに目標を持つのはいいかもしれませんね。
何点くらいとれているのかもさっぱりわかりませんが、結果を待ちつつ、また次へ向けて頑張ってみようかと思います。
posted by kylin at 22:13| Comment(5) | TrackBack(1) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

TOEICの受験票

TOEICの受験票が届きました。
受験票なんて見るの何年ぶりだろう・・・。
写真貼ってもってこいと書いてあります。

受験場所は、実家から近くの外語大。
便利なとこでよかった。
昔、情報処理の試験を受けたときは、はるばる山の中の大学まで行かされたもんです。

最近、ピアノ熱に浮かされてて、ちっとも英語に身が入ってない今日この頃です。
もうちょっと勉強グセをつけなくては。

最近辛うじてやってるのがこれ↓
8音リスニング.jpg

普通に長文を読んでるCDを聞くことも考えたのですが、まずは基礎を押さえてからの方がいいかな、と。
かなり初心者向きな本だと思うので、結構いいかもしれません。
まだぼちぼちやってる、っていう程度なんですけどね。
posted by kylin at 06:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

TOEIC申し込み

TOEICの申し込みをしてしまいました。
受験日は11月27日(日)です。
あまり気負わず、現状の実力判定くらいの気分で受けてみようと思います。
posted by kylin at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

シュールな単語帳?

どうでもいい話なんですが・・・。

単語帳を見ていて、「pack」という単語が出てきました。
意味を見ると

・梱包する
・荷造りをする
・(人を)詰め込む

人を詰め込む!?

上2つの意味もあり、またパッキングという日本語になっている言葉の影響もあり。
一瞬、人をダンボールに詰め込むのを想像しました。
ばらばら殺人とかまで連想されて、なんてシュールな意味が載ってるんだ・・・と。

そこで、我に返りました。
人を詰め込むといえば、電車とかに押し込む状態ですね、普通。
あーびっくりした。
posted by kylin at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

英語の前に・・・

英単語と意味を書き出していて。
読めるけど、とっさに書けそうもない漢字が多くあることに気づきました。
昔は得意だった漢字。
小学生や中学生で書けたものが、今になって書けないというのも、なんとも情けない話です。

昔は本を読むことで漢字を自然に覚えていました。
それと同時に学校でも書かされるため、読み/書きともに身についていたのでしょう。
今は読むことはあっても、書くことが少ないため、読む方しか残っていないのだと思います。

英語!と意気込んでやり始めて、自分の日本語力のなさを再認識させられるとは思ってもみませんでした。
まぁだからって、ここでTOEICをやめて漢字検定受けます!なんてことはしませんが・・・。

人様の国の言葉ばかりでなく、母国語もきちんと使いこなさないとなぁ。

韓国では、昔は日本のように漢字とハングルを混ぜて使っていたと聞きました。
今ではみんな漢字を忘れてしまい、名前や地名くらいにしか使われていないようです。
実際、韓国を旅してみても、看板にはハングルばかり。
日本語で言ったらひらがなですよね。

ひらがなやカタカナだけでは表現しきれないものを、漢字を使って表現しているのが日本語だと思います。
同じ「こわい」だって、漢字で書けば「怖い」や「恐い」。
ニュアンスの違いを表しています。
意味の違うものを入れると、もっとたくさんあるはず。

シンプルになった韓国が悪いというわけではないけれど、せっかく今あるものをなくしてしまうのはもったいない。
次の世代にも、きちんと受け継いでいかないといけませんね。
posted by kylin at 17:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

ペンだこ

TOEICを申し込もうと思って、調べてみました。
おとつい調べたところ、直近の申し込み締め切りは本日(15日)の正午。
でも1ヶ月後なので、あまりにも短い気もして悩んでいました。

とりあえず、TOEIC向けの勉強ってのもしてみようと思い、出る単もどきを購入。

TOEICTEST3000語完全マスター.jpg

でも、結局腰が引けて、今日は申し込みませんでした。
せめて11月の試験は申し込んでみよう。

買った単語帳は、レベルを見ながら適当にノルマを振り分けました。
最初の方はほとんど知っている単語だったので、1日のボリュームも多いです。
一通り、単語と意味をノートに書いていってるのですが、思えばこんなに字を書くのは久しぶり。
メールや仕事等で打つ量は多くても、ひたすら字を書くことなんてすっかりなくなりました。

中指に痛みを感じて、ふと見ると、第一関節のところがふやふやに。
これを繰り返すとペンだこになるんだったなぁ・・・と懐かしくなりました。
学生時代の名残が多少残ってはいるものの、もうほとんど消えてます。

で、肝心の単語帳ですが。
知ってるつもりの単語でも、意外な意味があったりして、楽しくやってます。

でも、ピアノ弾いてこれもやって、だと、結構それだけで時間がなくなる・・・。
いつまで続くかなぁ。
posted by kylin at 20:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

1日1分! 英字新聞

1日1分英字新聞.jpg

以前ムフテリフさんから、英字新聞の求人欄を読むという勉強方法を薦めていただいたのですが。
さすがに毎日そのためだけに英字新聞を買うのはためらいがあって。
で、こんな本を読んでみています。

1分とまではいきませんが、1つにつき5分足らずで目が通せます。
昔のメルマガを本にしたものなので、話題は古いのですが、それでもよく覚えているような内容ばかりで、とっつきやすい。
1日数ページずつ読んでます。
もうちょっと慣れて、辞書があれば抵抗なく読めるようになれば、自分で新聞買ってもいいかなーと思ってるのですが。
はたしてそこまでたどり着けるのでしょうか。

中の記事には、日本の話題も出てきます。
『新しいもの好きの日本人、今度はマイナスイオンにはまってます!』
なんて内容もあって。
周りからみても、日本人ってそう見えるんですねー。
posted by kylin at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。