2006年02月08日

硝子のハンマー 貴志祐介

硝子のハンマー.jpg

もうずいぶん前になりますが、貴志さんは『黒い家』で知りました。
本屋さんに平積みにしてあり、「ミザリーより怖い!?」というようなPOPに惹かれて購入。
期待を裏切らず、かなり面白かった覚えがあります。
で、気に入った作家さんは読み漁ってしまうので、続けて数冊読みました。
そのときの感想は、『黒い家』を上回るものがないなぁと。。。

多分その頃出てた作品を一通り読んだ時点で、熱が冷めてしまったみたいです。
新刊のチェックもしていませんでした。

今回、たまたま貸してもらい、久しぶりに読みました。
今までのホラー系とは毛色が違い、本格派ミステリーという売り文句です。

密室の謎を解くのに登場するのは、ほとんど泥棒というべき防犯の専門家。
彼と女性弁護士があらゆる発想を繰り広げ、その度に仮定を覆します。
いきなり推理から正解を導く、所謂アームチェアディテクティブとは違い、臨場感を感じました。
いやもちろん、コテコテの探偵小説も嫌いなわけじゃないんですが。

多分、読み始めたと同時くらいに犯人もわかっちゃいますが、それでも解決までの過程を楽しめる作品です。
posted by kylin at 01:03| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼します、TBさせていただきました。
自分も貴志さんの作品は全て読んでますが、やはり「黒い家」あたりが現時点での最高傑作かなと思います。
Posted by モーラ at 2006年03月02日 22:54
コメント&TB、ありがとうございます。
独り言のような本の感想を読んでくださる人がいるとは、嬉しい限りです。

やっぱり『黒い家』はインパクトが強いですよね。
1作目を超えられない、といわれるのは作家さんには辛いかもしれませんが・・・。
Posted by kylin at 2006年03月03日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

硝子のハンマー/貴志祐介
Excerpt: 厳重な防犯設備を施したハイテクビルの一室で、介護会社の社長が撲殺される。 ? 容疑者とされたのは唯一犯行が可能だと思われる専務の久永。 ? 専務の犯行を疑問視する弁護士の純子は、防犯コンサルタ..
Weblog: ホトケの読了book  南無阿弥陀仏
Tracked: 2006-03-02 22:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。